DWEとWKE どっちを薦める?

2009.06.11(23:03)
友達に訊かれた。
「DWEとWKEのどっちかだったら、どちを薦める???」

「・・・」

難しい質問だ。こればっかりは個人の好き嫌いや相性なんかが結果にも大きく左右するし。正直どっちをやっても、成功する人は成功するし、無理な人は何をしても無理な気がするので、自己責任で決断するべきだと答えた。

もちろん自己責任で決めるのであくまでも私個人の感想としてどちらがいいと思うか、と突っ込んでくるのでならばと、思うところを答えた。

DWEはDVDを借りて観ているだけなので正規購入してそれなりのサービスを受ければまた違うのかもしれないが・・・。
正直友人として薦めるのはWKEだ!

DWEよりWKEが優れているという訳ではなく。

私の感じたままをいうと、DWEもWKEも本気でやれば絶対に効果のでる教材だ。けれどその本気、もしくは努力もしくは能力のある保護者の方なら、両方なくても効果は出せるはずだと思う。

けれどその友達は私と同じで、そこまでやり切れるとは到底思えない。(本人にも言ったし本人も認めてた)
だから何か教材に頼るんだけど。
そこでそこでどちらが!と言う事になるわけだが・・・。
DWEの方が真剣にやらないとオジャンになる確立が高いと私は感じる。良いように言えばそれだけ高度というか・・・ちゃんとやれば・・・あれを習得すれば良いのだが、簡単ではないような気がする。

それと比べてWKEは内容も使い方もそんなに難しくないと思う。
最後までやりきる方は断然WKEの方が多いのではないだろうか。
(私の単なる予想にすぎないが)
じゃぁそれだけで効果は望めないんじゃないかと言われるかも知れないが、それはDWEもWKEも同じで、それだけやればバイリンガルに!なんて教材はどこにも存在しないと私は考えている。あったとしてもそれはかなり少数派の奇跡ではないだろうか。

だからリスクが少ないという点からもWKEの方がお手軽だといえよう。
それにWKEは値段もそこそこでフルセット揃うので気が楽というのもある。あくまでもWKEやDWEなどのセット教材は一通過点に過ぎないと考えているので、そういう意味でWKEは気軽に英語育児を始めるきっかけになるのではないだろうか。しかもかなりカワイイしね♪

DWEは・・・奥が深い。モノに出来ない人はかなりたっくさんいるのではないだろうか。けれどモノにする人もたくさんいて、その方たちは本当に素晴らしいと私は思う。

それらはどちらも英語育児のほんの数ページにすぎないんだけどねだみ~





覗いてね!yunのDVD・絵本棚





必見!英語育児の情報満載!
3つクリックして下さると嬉しいですぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ナレコム ブログランキング






スポンサーサイト
<<Huggly Gets Dressed にハマル。 | ホームへ | Cheerios 絵本とカード>>
コメント
はじめまして。私はDWEを購入してから英語育児についていろいろ調べるようになり、WKEや他の教材の存在を知りました。セット教材はバイリンガルになるための通過点と私も思います。まだまだインプットの最中ですが、いろいろなブログを見ては、次は、ORTとか、パルとか思っていました。でも、DWE奥が深いんですね。(アドバイザーさんにもそう言われました)まずは、DWEをモノにしないと。また、いろいろ勉強させてください。これからも楽しみにしています。
【2009/06/12 11:29】 | LJ #- | [edit]
LJさんへ

はじめまして^^
コメント有難うございます!
私も同じです!色々なブログやサイトで
日々情報収集しながら我家の英語育児は
試行錯誤を繰返しています^^;
こうして情報交換できるのも凄く嬉しいです☆
DWEは覗き見してる程度ですが・・・
ホント奥が深いですよね。
これでもかってくらいすり込みがあって、
全て習得できればかなり大きな収穫では?!

素敵なブログ名ですね!
こちらこそどうぞ宜しくです♪


【2009/06/12 21:47】 | Carriexxx #sCdCES4I | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yun1211.blog59.fc2.com/tb.php/522-c8e8f40e
| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言

親子英語ブログ