限られた時間で何をするか

2017.11.01(13:29)
学校の宿題でもある自主学習として慣用句や難しい語彙などの意味や例文の書き出しを5,6ページ。漢字や算数プリント、その他ドリルと音読は決まってあるのでそれらを合わせると速くても1時間はかかるかな。

それから算数。

算数は小学校で習う内容は一通り終えているので、お友達にもらった塾テキストや塾技、中学数学などをやっている。

そしてハマりにハマっている理科と社会。

社会は食事をする際に娯楽として?NHKのドキリの続きとしてスタサプ6年の歴史基本を聞き流し。結構面白い。まだまだ知識があやふやだけど中途半端に知っていることを整理するのにもちょうどいいんじゃないかな。

とりあえず基本は25講座あるので毎日少しずつ聞くように。2つ3つとチャプターがあるので無理せずきりのいいところで終えていいことにしているが大体は1講座全部聴いて最後の確認テストを受けるってところまでやっていることが多い。

基本が終わったら応用がこれまた30講座あるので、さらに掘り下げて楽しんでもらおう。

いきなりこれを再生してもつまらないと思う内容だけど、歴史が好きで本を読んだりあちこち行ったことがyunの「知ってる!!」っていう自信とさらなる興味を膨らませてくれているみたい。

ちなみにそのまま聴くと4,50分の講座だけど1,25倍もしくは1,5倍で聴いているので30分以内で終わる。

その中で文化や建築物、美術品がでてくると大活躍なのが↓



講師がとりあげるものはとりあえず全て載っている(今のところ)。しかも実物の写真で確認できるのでその都度ページをめくっては、これこれ!これ前に展示物見たわ!と一人で盛り上がっている。

といっても歴史はまだ種まきの段階。あくまでも夕食の時間活用で楽しめる範囲でインプットという位置づけ。

無理やり覚えるとか問題集をするとかってこともなく、漫画とアニメ動画、NHKドキリやプロの解説、を取り入れ趣味として楽しんでもらっている。

だから好きなのか?

ちなみにパパも一緒に夕食をとるときは、パパも一緒に見入ってあれこれ歴史を語り合ったりして楽しそう。yunの知識の方がフレッシュなのであまりのオタクぶりに二人で目を合わせて笑ってしまうことも。

そして理科。

こちらはちょっと違う。好きだし得意だけど、きっちり覚えることは覚えていくようにリードしている。

NHKの物理基本なんかは歴史同様種まきだけどね。

理科もスタサプの基本は5年まで終えた。基本の先生はたくさん実験を見せてくれてとてもわかりやすく信頼できる講座。とくに有難いのがこの先生の講座は視聴するだけでいい!ってところ。だからちょっと疲れてるときとか机に向かう気分じゃないとき、もちろん食事時でもただ再生してへぇほぉと楽しむだけ。

ファーストステップにもってこい。

そして応用!この先生が最高に面白い。親も吹き出してしまうほど。理科が好き、教えるのが好きってのが溢れまくってる。

もちろんyunも大好き。4年は全て終えて今は5年の途中だけど、この応用はテキストをダウンロードして書き込みながら講座を受けるようにしている。こちらも1,25倍で少し速めで聴くことが多いかな。

そして英語は洋書と動画。

テキストとかってのは全くもってやる時間がないのでとりあえず娯楽として継続することを心がけている。

進み具合は遅いけど今読んでるのは↓このシリーズ。



面白いんだろうか。また聞いてみよう。





必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ








   








スポンサーサイト
<<鍵コメさんへ 先取りについて | ホームへ | 小4タイムスケジュール>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/11/06 10:47】 | # | [edit]
鍵コメさんへ

先取り!難しいですよね><

お返事書いていたらすごーく長くなってしまったので
記事として後日アップさせて頂きます^^;




【2017/11/06 22:29】 | Carriexxx #sCdCES4I | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yun1211.blog59.fc2.com/tb.php/2546-b423d40d
| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言

親子英語ブログ