本が好き、に誘導する

2015.06.22(11:53)
うちの子本が好きで放っておいてもどんどん読むんです~なんてのを聞くと羨ましいなぁと思うかもしれない。でも大体は何かしらそうなるような働きかけをされていることが多い。言わないだけで。

子どもの素直で単純なところ、好奇心いっぱいなところをうまく転がして上手に本好きに誘導されている。

あの子は特別!勝手に本をどんどん読むんだから何の参考にもならない、なんて声もあったりするが、親御さんはもの凄く努力されているのだ。と思う。

というのもyunは根っからの本好きでも、何の働きかけもなくどんどん本を読みあさるようなタイプでもなかった。それよりも何か作ったりお友達と遊んだりする方がずっとずっと好き!それは今でもきっと変わらない。

が本に目覚めてその楽しみを知ってからは↑の遊ぶのと同じくらい本が好きになった。

小さい頃からたっくさん読み聞かせもしてきたし自分でも色んな本を読んできた。だから読むことに抵抗はなかったし面白そうな表紙とかを見ると手に取って自ら読んでいた。

でもここ1,2年はどんな本でも読みたいと手に取るようになった。

きっとそれは大当たりの本にたくさん出会ったから。そして大当たりでなくてもそれぞれに面白い世界があるってことを知ったから。

知らなかったことを知るってのも嬉しいようで色々と解説もしてくれるし、物語だと涙したり怒ったり喜んだりと大忙しだ。

この本好きに誘導する手順なんてものはない。子どもによってその反応は様々だし決してはひとつではないから。

でも絶対にしないといけないのは本を用意すること!中古でも図書館でもお友達との貸し借りでもどんな形でもいいから本をたくさん置いてあげることだと思う。

一緒に内容を共有するのが好きな子、知ってることを訊かれるのが好きな子、読んだ冊数を褒められるのが好きな子、そんなレベルを読めるのと驚かれるのが好きな子、何かの分野に特化してそればかりを読む子、ミステリーが好きな子、アドベンチャーが好きな子。

その子その子のツボをくすぐって読む気にさせてあげる。好きそうな本を探す。一緒に読んで一緒に怒ったり喜んだりする。

あの手この手でそうしているうちに、本の世界が面白いってことに気付く日がくる。そうなったらもうそんなにあの手この手は必要ない。いや要所要所ではあったほうがいいかな。

ただし本の世界が面白いってことに気付く日はそうそう早くはやってこないので焦りは禁物。高学年から急激に読み出す子だっているからね。

我が家もこういった努力はしてきた。和書洋書ともに読書で得れるものは多い。で今読書が好きになって良かったなと思っている。

けれど決して本を読まないのがダメなわけではない。成功者のほとんどは幼少時本なんて読まずに遊びまくっていたってのもよく聞く。あ、賢い人の多くは読んでただろうけど。賢い=成功ではないからね。

勉強や知識では得れないもっと大きな力を遊びの中で育んでいるのかも。とにかくこうでなければってのはないので焦ることなく我が子と向き合っていくのが大事だ。

読めるか読めないかよりも大きな課題、読みたいか読みたくないか。日本語で考えるとわかりやすいかも。早かれ遅かれ読めるようにはなるけど、本が好きで自ら読みたがる子は少ないもんね。

でyunの場合は洋書より和書の方が断然遅かったけど、一気に追い越した。やっぱり母語よね。で和書が進むと洋書も進む。言語の問題ではなく、読みたいっていう気持ちを育てることが一番なんだなと思った。

読みたかったら多少難しくても幼稚でもレベルなんて関係ない。

和書だと母が説明してあげたり一緒に深く共感できたりするし、何といっても今後重要となってくる日本語の語彙や知識を豊かにしてくれる。

なので今は和書2に対して洋書1くらいの割合で読んでるかな。

後はせっせと本を用意するだけ。

心配なのは目かな。夫婦そろって目は良いいんだけど(老眼は別ね)小さい頃から特別本を読んできたというタイプではなかったので、yunがこれだけ毎日本を読んで視力がどうなるのかちょっと心配。

休憩を入れるようにしたいけど、乗ってるときってひたすら読むのよね。あまり本に顔を近づけないようにには言ってるんだけど。

そうそう、yunのクラスで数名が読みまくっている?(というかどこでもそうかな)らしいかがくるシリーズ。Whyシリーズが大好きだったのでyunもしっかりハマっている。

とは言えまだちょっと難しいことも多いと思うこのシリーズ。まぁ今は理解半分でも興味をもってくれたら十分。

  

  

時間がないので出来るだけ学校で読んでもらおうと思うんだけど、休み時間は忙しいとか。

一応1冊2冊をランドセルに忍ばせておくと、多かれ少なかれ読んでくるので当分この作戦でいこう。




 
覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





スポンサーサイト
<<何を選ぶ? | ホームへ | 猛特訓>>
コメント
ブログって陰の日々の努力は他人には見えにくいよね。
でも、やっぱり天才なんて一握りもいないから、親のちょっとした働きかけは絶対にあるし、何かに秀でてる子は他の子より練習量がとんでもなく多かったりすると思うわ。
それか親が子へのアプローチを色々工夫してるか。
それを、いちいちブログで書かないだけで皆、一様に努力してるんだよね。
改めて↑それを思い出させてくれてありがとう!
今日からまた親子で頑張るー!



【2015/06/22 14:18】 | 抹茶 #O3QePs4g | [edit]
抹茶さんへ

うんうん、ブログなんて毎日のほんの一部だもんね
よっぽどの天才は別として出来る子はみんな
それだけの努力をしてるんだよね、その親も

JUJUちゃんがどれだけ頑張ってるか・・・
抹茶さんがどれだけのフォローをしてるか・・・

全部じゃないけど知ってるから、うちも頑張ろうって思える
まぁ結果は同じようにいかないけど、yunにしちゃ上出来(笑)

そろばんもJUJUちゃんがいなかったらこんなに頑張れてなかった

親も子も色々勉強させてもらってるよ~!
ありがとう~~~(´ε` )
【2015/06/23 10:41】 | Carriexxx #sCdCES4I | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yun1211.blog59.fc2.com/tb.php/2217-0a55dd39
| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言