インプットとアウトプットとの比率

2014.10.20(10:27)
インプット、アウトプット、もちろんどちらも大切で日本語同様自然にどんどん吸収し必要に応じてどんどん話すってのが出来たらいいんだろうけどそうもいかなない。

日頃すごく意識しているわけではないけど、ふと今考えると小学生になってからアウトプットよりインプットに比重が傾いてるなぁという感じ。

でそれは決してダメなことではなく、敢えてそうしてる?必然的にそうなってくる?なのかなぁと思ったり。

もちろんアウトプットを減らすことが大事なんじゃなく、インプットがより重要になってきたから限られた時間で結果的にそうなったってだけなんだけど。

小さいときは正しい正しくないに拘って発話できないのは良くないなぁと話す楽しさに重点をおいてきた。話したいって気持ちを本人が持ってる知識の中で精一杯伝えられたらそれで良しとしてきた。

また日本語が優勢になっていく英語が大きく遅れを取らないように(内容ではなく話し易さ)に喋り慣れするようWebレッスンのコマ数を増やした。

おかげで内容はさておき、英語で喋るということに抵抗がないまま小学生に上がれたし英語になると口数が減るってことはない。

きっとこの内容レベルを話す程度なら定期的なレッスンで話すことを辞めなければ消えていくことはないと思う。

けれどこの内容レベルで止まってもらっちゃ困るもんね。ということで定期的なレッスン=アウトプットは最小限(時間の許す限り)にしてインプットに力を入れていく時なんだろうなと考えている。

もちろん0歳の頃から今までインプットはずっとアウトプットと同じくらい大事にしてきた。それが小学校に上がってインプットにグンと比重が傾いたという感じかな。

日本語も英語も語彙が豊かになれば自然と表現も豊かになるんじゃないかなと思う。今まで何となくという感覚で喋っていた文法もしっかり教えてもらうことでなるほど!と全てがクリアになるかもしれない。話してしっかり理解できる年齢になってきたからこそ出来る取り組みも増えてくるのかなぁなんて。

本当はもっと動画も見て欲しいんだけど、今は時間がなくて車中で見るくらい。Little Foxは朝にちょこっと見れるけどね。

本はこれをまた読んでる。動画Jacob Two-twoのおかげかな。


Jacob Two-two Meets the Hooded Fang (Puffin Books)Jacob Two-two Meets the Hooded Fang (Puffin Books)
(1979/02/22)
Mordecai Richler

商品詳細を見る

インプット、この他何で攻めていこうかなぁ




覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ




スポンサーサイト
<<得意だと思えるもの | ホームへ | yunのウォールブックシェルフ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yun1211.blog59.fc2.com/tb.php/2087-6395baa6
| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言

親子英語ブログ