大きな本屋さんに足を運ぼう

2014.07.04(10:15)
なかなか近くにはないけれどたまーに行くでっかい本屋さん。ここで時間をかけて吟味した本はハズレが少ない。

洋書にしても和書にしても英語テキストにしても国語や算数の問題集にしても。

やっぱり手に取って中身を見るってすごく大事なのね。もちろん小さい本屋さんでも掘り出し物には出会えるんだけど、品揃えがあって比べて選べるという部分では大型店が最高。

特に特にテキスト系。

物語とかはある程度ネットでも雰囲気がつかめるし結局は話の展開がどうなるか結構な量を読まないといけなかったりする。もちろん本屋さんで入り込んでしまうほど面白いものに出会えることもあるんだろうけど。そうなると本人を連れていくしかない。

でもテキストなんかは母が一人で足を運んで、あれこれ比べると我が家向きのテキストが見えてくる。というのも、はいこれ!と手渡して一人でさせるものではなく一緒にやるものだから。

もちろん口出しせずに横で座ってるだけ、家事をしてるだけのものもあるけど、母もちゃんと一緒ににそのテキストを1ページ1ページ進んでるっていうのかな。

だから内容を見て、これはじっくり教えてあげたいなと思うものは時間のない時には飛ばしたりもするしね。

テキストはyunがやり易いものである以上に母が教えやすいものである必要があるのだ。2人で1冊また1冊をやり終えていく中でyunの苦手が見えてくるし、そしたらそこを工夫して教える。またはまだ早いと判断したら飛ばす。

そうやって一緒にやっていくことでyunが何を理解していて何を理解できていないのか、何に興味があって何がつまらないのか、はっきり見えてくる。そしたらやるべきことも見えてくるもんね。

こうして書いてるだけでも大型書店に行きたくなってきた。

でも今は英語もその他も揃ってる

納得して購入したテキストたちは当たりが多く、やる前から、やっていても、やり終えても、眺めていたりする。

明日はPTAのお祭りがあるので今日はその準備。yunも友達と予定があるみたいだし上手く時間をつくれるかな





覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ





スポンサーサイト
<<週末レッスン追加 | ホームへ | 学校の様子>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yun1211.blog59.fc2.com/tb.php/2032-21de9e79
| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言