FC2ブログ


絵本☆それぞれの役割CTP、ORT etc.①

2012.06.06(10:03)
絵本はたくさん読み聞かせしてきたし、自力読みも随分スラスラ出来るようになってきた。まだまだ先は長いんだけどこれまでだけでも大量の絵本に触れてきたyun。

ふと振り返るとそれぞれ役割があって、面白いくらいわかり易く分かれていることに気付く。もちろんyunにとっての分類なんだけど。


【CTP】

CTP①

例えば早い段階で導入したCTP、これはyunの場合耳を鍛えるのに最もと言っていいほど活躍してくれた。yunの年齢的なタイミングもありCTPはほぼ“読む”には関わってないと思う。とは言え暗唱っぽいことを一番多くしたのはこれで、個人的に暗唱は耳からの情報を声に出しているだけだと思うのでやはり“聴く”ことを伸ばせた教材だったと思う。

ただ耳を鍛えたと言っても“絵本”なので耳から入ってくるものが何か、どういう意味か、というのを絵で関連付けて教えてくれる。CTPはご存知の方も多いだろうけど4つのテーマが用意されてて子供に多くの事を教えてくれる教科書っぽいところが魅力のひとつでもある。

それまで読んでいた、ただ可愛い絵本、ただ面白い絵本、とはちょっと違うしそういう楽しさはないけれど、自然のしくみや社会のルール、かずの仕組みなど繰り返し耳で聴き絵で理解し、それをママと一緒にあれこれお話しながら覚えていった語彙も多いんじゃないかな。



【Brand New Readers】
Brand New Readers Red SetBrand New Readers Red Set
(2003/07/14)
Various

商品詳細を見る

BOXセットがたくさんあるのを知らず、というかその存在も全く知らなかったんだけど。yunと一緒に行ったハワイで中身を見て“これは良い!”と4冊セットの方を大人買いしちゃったBrand New Readers。これはyunの“読む”を育ててくれた最初の大きな一歩になったかもしれない。

CDはないので読み聞かせから入るんだけどとにかく面白い。すっごくシンプルな文章なのに、心穏やかにクスっと笑えるオチがある。読み始めには最適なシリーズではないだろうか。

最初は読み聞かせから聞いた情報を暗唱として声に出すんだけど、文章が短いし繰り返し同じ単語を多く使った単純な構成になっているので自分の覚えた音を目の前の文字に合致させやすいのかなぁと思う。この時最初の音、最初のアルファベットをフォニックス読みできたら、自分の発する単語が目に入る単語だと推測しやすいだろう。

我が家では“読む”のきっかけを作ってくれたシリーズだ。

SWRなんかは目的としては似てるけど、内容がつまらないというか読もうとする年頃の子にはちょっと内容がなさすぎて、もう少し小さい子へ読みへのアプローチとして取り組みには良いかもしれない。



【アプリコット絵本】
Who Stole the Cookies? (ナレーション・巻末ソングCD付) アプリコットPicture Bookシリーズ 8Who Stole the Cookies? (ナレーション・巻末ソングCD付) アプリコットPicture Bookシリーズ 8
(2000/12)
中本 幹子、掛川 日出子 他

商品詳細を見る


Our Sweet Home (ナレーション・巻末ソングCD付)  アプリコットPicture Bookシリーズ 5Our Sweet Home (ナレーション・巻末ソングCD付) アプリコットPicture Bookシリーズ 5
(2003/05)
中本 幹子、掛川 日出子 他

商品詳細を見る

これはCTPと同じく耳を鍛えてくれたのはもちろんなんだけど、更に発話を強く促してくれたシリーズ、“話す”に直結するというか・・・とにかく絵本に出てくるフレーズをすぐ自分の言葉で使っていたのが印象に残っている。まぁそれなりに寸劇などして遊んだしね

全部は揃えられなかったけど結構たくさん買ってしまった上質の絵本だ。



バラの絵本は敢えて挙げてないけれどやはりそれぞれに役割はあるような、もちろん読み手との相性やタイミングがあるので読み手によってその役割も変わってくるんだろうけれど。

長くなりそうなので、②に続く





マイホーム計画が動きはじめました
よかったら覗いてください。







覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載!
3つクリックして下さると嬉しいですぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

人気ブログランキングへ








スポンサーサイト



<<続・絵本☆それぞれの役割CTP、ORT etc② | ホームへ | Webレッスン*もれなく子供同士の会話がついてくる?>>
コメント
うんうん、CTPはほんとにいいですよね!
ともくんには適当な使い方で終わっちゃったし
うちも本はあまり読まなかったけど
大きな土台作りには一役買ってくれましたもの。
Brand New Readersもアプリコットも
良さそうですね♪
SWRはもうともくんにはつまらなく
なっちゃったのでORTを軸に
ぼちぼち読みへ進めたいところです。
【2012/06/06 14:09】 | maomao #- | [edit]
そうなんですよね~SWRは、どうもピンとこない我が家です~!
いろいろ考えて見るものの、読んでも面白みをどこに見いだせば??ってかんじで続かない(笑)。
lelemamaさんの動画はステキだったけど~!

でもあのRed Boxは、あの短さの中にもオチがあるし、いいなと思います~!

年齢(相応の知識)やレベルによって使える本も変わるから、ママはそういうところに気を配りたいな~!そして、SWRはすぱっとあきらめようかな(笑)

こうやってyunちゃんの読みのヒストリ~を見せていただくと、共感させてもらったり、じゃあうちはどうだ?って思えるから、すごくありがたい!CTPももう一回チェックしてみたいと思います~!ありがとうです!
【2012/06/06 15:02】 | wondermama #mQop/nM. | [edit]
yunちゃんて、わたしの中では理想の道を歩んでいますよ。絵本にしてもそうだけれど、いろいろな物をキチンと段階を経てとことん触れ合ってきているかんじ。

Carrieさんみたいなママがいてyunちゃんは幸せですね。わたし、ちゃんとセレクトできてるかな~?Carrieさんの記事を見るといつも考えさせられます。

yunちゃんも暗唱する時期あったんですね!暗唱する時期は音源のある絵本をどれもパッと暗唱しちゃう感じでしたか?暗唱できる本はたくさんあったんですか?

シオは今がちょうど耳で聞いた物をそのまま口に出す時期なのでとても興味深いです。
【2012/06/06 21:47】 | シオママ #- | [edit]
maomaoさんへ

CTPって好き嫌い分かれるのかなぁ。
うちはほんっとに良かったっていうか活躍してくれたので
かなり感謝している絵本なんですよねー(笑)

使い方ひとつでも役割は変わってくるんだろうけど
やっぱりその本の特性を活かし上手く使いたいですよね☆

ORT!ともくんも“読み”に入っていくんですね~~!!
楽しみです♪
【2012/06/07 07:50】 | Carriexxx #sCdCES4I | [edit]
ワンダーママさんへ

あはは~^^
確かに絵があってそのまんまの単語、みたいな(笑)
特に関西人には許せないタイプの絵本かも^^
でもやっぱり人気なのはあの単純さとサイズ?!
小さいうち2歳とかでこれをしっかり読み聞かせたら
暗唱するには十分簡単で推測読みにも適してて
早い段階で“読み”に繋げていけるのかもと思ったりします。

Brand New Readersは大当でしたよねー☆
SWRほど単純すぎず、ORT、CTPより単純明快で尚且つ面白い!
どんなレベルの子にも幅広く使える教材かもしれません。

うちもいつも参考にさせてもらってますよ^^
ワンママさんのアイデアもいっぱい盗みましたしね~♪
こちらこそありがとうです☆
【2012/06/07 07:58】 | Carriexxx #sCdCES4I | [edit]
シオママさんへ

おぉ~そんな嬉しいことを~(*´∀`*)
でもブログでは比較的良かったことを書くことが多いので
現実は決して理想にはなれないと思います~(笑)

シオママさんはちゃんとセレクトできてますよ!
このちゃんとっていうのは私もそうだけど
子供のことを一生懸命考えて選んだちゃんと!です^^
もしセレクトしたモノの反応が期待と違っても
そこから何かを学んでまた次の取り組みに繋げていける!

暗唱!yunの暗唱時代ですね?!
長くなりそうなので記事にさせて頂きます^^
記事ネタ提供有難うございます(笑)
【2012/06/07 08:05】 | Carriexxx #sCdCES4I | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yun1211.blog59.fc2.com/tb.php/1483-f8c0483e
| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言

親子英語ブログ