家勉

  1. 鍵コメさんへ 先取りについて(11/07)
  2. 限られた時間で何をするか(11/01)
  3. 掘り出し物??物理家♪(10/12)
  4. 意味あるのか?(10/11)
  5. 第2黄金期?!(10/04)
次のページ

鍵コメさんへ 先取りについて

2017.11.07(11:52)
先取りについてご質問頂いたので返信を書き出したらどんどん長くなっていくので記事にしてみる。

先取り・・・子どもの性格によっても環境によっても教科や分野によっても違ってくるので何とも難しいところなんだけど。

今回は算数についてのご質問。

英語は横において、ちょうど算数が一番進んでるしね。

yunは年長の5月からおうちそろばんを始めて2年ほどやったかな。この時点でも計算は得意だったと思う。そろばんは5と10の足し引きをひたすらやるので基本の訓練にはもってこいだったのかもね。

そして小1の夏にそろばん教室へ。

教室に通うのは週1だったけどおうちそろばんの延長で毎日コツコツやったおかげで1年後には珠算2級暗算1級までたどり着いた。

この時点で少数点の掛け算割り算も暗算でしているので小学生で習う四則計算には困ることはない。

そして何よりよかった?というか先取りを後押ししたのが応用問題。我が家が通う全国珠算連盟では3級から応用問題という科目が加わり、高学年で習う、速さや割合、面積、税率、概数、ドル換算など小2では正直かなりハードな内容だったけど、ここを頑張ったのが大きかったと思う。

こうしてそろばんを頑張る一方で市販の問題集をせっせとやったのもあって〇〇算と言われるような特殊な文章題もそれなりに出来るようになったかな。

そして3年生の秋から!計算と文章題はある程度進んでいるのであとは女子がつまずき易い図形だな!ということで、図形の極にチャレンジ。こちらはタブレットを見ながら家で学習し昇級試験を受けるというもの。計画通り半年で2級を合格、1級はそれまでのまとめということでテキストを貰って退会。

そして4年生からはちょっと難しいかなというレベルの問題集にチャレンジしているところ。

一通りやったからといってどんな問題が出ても大丈夫なんてことは全くない。

学校で出されるレベルの問題なら小学6年生でも、図形なら中学レベルでも大丈夫だと思う。でも・・・。そんな甘くないのよね。

学校レベルでは全然足りない。

yunは算数が得意だけれどそれはyunが賢いからではなく、やったことがあるから、だけの話。でもだからこそやっておいてよかったなと思う。

私は算数が好き!得意!って思えるのって絶対プラスよね。

まだまだ道半ばだけれど、今思うのは。

どんな文章題でもややこしい図形でも、結局四則計算が必要となってくる。そしてレベルが上がれば上がるほど時間勝負になってくる。

そんな時、瞬時に計算が出来るというのは非常に大きな戦力になるということ。

そろばんでなくても、公文でなくてもいい。低学年までに計算の力をしっかりつけておくといいんじゃないかなと思う。

先取りは無理をすると親子で苦しいので、好きなもの出来そうなものからやっていくのもありだと思う。

5年生中に一通りを終えれたら先取りとしては十分だよね。もちろん得意な子はどんどんやるといいと思うけど。

例えばわが子はまんじゅう算は得意だけれど速さは苦手だなって思ったら後回しにすればいい。

今2時間かけても理解しきれないことが半年待てば10分で終わる、なんてこともある。

我が家は先取りをしてきてよかったと思うけど、先取りが正しいというわけでもないしね。

七田プリントで手一杯になるというお悩みだったけれど・・・

確かにその学年の分厚い問題集を1冊仕上げるとなるとかなりの負担になると思う。そういうのにチャレンジしたりもしたのでよくわかる。

我が家も色々やってみて今のやり方になっているだけなので、いいのか悪いのかわからないけど、とりあえず理解出来てると判断した問題は必要以上にやらずに次々進んでいっている。

例えば例題が解けたものはOK、解けなかったものは演習問題をしっかりやる!って感じかな。

どうせ繰り返しあちらこちらでやることになるから。まずは理解できるかどうか。

目の前の問題集を仕上げることが目標ではなく、知ってる!解ける!得意だ!って思える単元を増やしていくことが大事だと思うので、負担を軽くするためにも無駄を省くのはありかなと思う。

もちろん小学生の間に習う単元を知っておくというのも大事だ。

我が家ではそろばんや図形の極、問題集である程度やった後こちらも一通りやった。

  

特に難しいということはないんだけれど、一通りあるのでどこがまだ弱いかを確認できる。一通りやった分野なので解説部分は飛ばして確認プリントと習熟プリントの部分をやったかな。

あとは〇〇算の導入には思考力算数練習帳シリーズがいい訓練になったかな。

とダダダーッと書いたけれど、絶対これがいい!っいうのはわからない。何かひとつでも鍵コメさんちのお役に立てればいいんだけれど。何せ我が家も手探り状態だしね。

今も計算は日々コツコツしなきゃいけないと思いつつ、そろばんは珠算1級、暗算2段をとったところで停滞してるし。

大手の塾模試を受けてみてもちょこちょこミスをするし。

でも、yunは算数は得意だと思っているし楽しんでるかなと思う。

やっぱり解けると楽しいみたい。もちろん難問にぶち当たってもがいていることも多いんだけど。

課題は山積みだけど、yunと一緒にもがいてみるのも楽しいってことで引き続き頑張ろうと思う。



今日は社会見学!集団登校ではなくお友達と登校ってことで集合時間や場所などで昨日から電話がジャンジャン。あちこちで合流して結構な人数になったとか。楽しそうだわ。

お弁当には奮発してシャインマスカットを入れておいた。

今日も一日楽しめますように。





必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ








   







スポンサーサイト

限られた時間で何をするか

2017.11.01(13:29)
学校の宿題でもある自主学習として慣用句や難しい語彙などの意味や例文の書き出しを5,6ページ。漢字や算数プリント、その他ドリルと音読は決まってあるのでそれらを合わせると速くても1時間はかかるかな。

それから算数。

算数は小学校で習う内容は一通り終えているので、お友達にもらった塾テキストや塾技、中学数学などをやっている。

そしてハマりにハマっている理科と社会。

社会は食事をする際に娯楽として?NHKのドキリの続きとしてスタサプ6年の歴史基本を聞き流し。結構面白い。まだまだ知識があやふやだけど中途半端に知っていることを整理するのにもちょうどいいんじゃないかな。

とりあえず基本は25講座あるので毎日少しずつ聞くように。2つ3つとチャプターがあるので無理せずきりのいいところで終えていいことにしているが大体は1講座全部聴いて最後の確認テストを受けるってところまでやっていることが多い。

基本が終わったら応用がこれまた30講座あるので、さらに掘り下げて楽しんでもらおう。

いきなりこれを再生してもつまらないと思う内容だけど、歴史が好きで本を読んだりあちこち行ったことがyunの「知ってる!!」っていう自信とさらなる興味を膨らませてくれているみたい。

ちなみにそのまま聴くと4,50分の講座だけど1,25倍もしくは1,5倍で聴いているので30分以内で終わる。

その中で文化や建築物、美術品がでてくると大活躍なのが↓



講師がとりあげるものはとりあえず全て載っている(今のところ)。しかも実物の写真で確認できるのでその都度ページをめくっては、これこれ!これ前に展示物見たわ!と一人で盛り上がっている。

といっても歴史はまだ種まきの段階。あくまでも夕食の時間活用で楽しめる範囲でインプットという位置づけ。

無理やり覚えるとか問題集をするとかってこともなく、漫画とアニメ動画、NHKドキリやプロの解説、を取り入れ趣味として楽しんでもらっている。

だから好きなのか?

ちなみにパパも一緒に夕食をとるときは、パパも一緒に見入ってあれこれ歴史を語り合ったりして楽しそう。yunの知識の方がフレッシュなのであまりのオタクぶりに二人で目を合わせて笑ってしまうことも。

そして理科。

こちらはちょっと違う。好きだし得意だけど、きっちり覚えることは覚えていくようにリードしている。

NHKの物理基本なんかは歴史同様種まきだけどね。

理科もスタサプの基本は5年まで終えた。基本の先生はたくさん実験を見せてくれてとてもわかりやすく信頼できる講座。とくに有難いのがこの先生の講座は視聴するだけでいい!ってところ。だからちょっと疲れてるときとか机に向かう気分じゃないとき、もちろん食事時でもただ再生してへぇほぉと楽しむだけ。

ファーストステップにもってこい。

そして応用!この先生が最高に面白い。親も吹き出してしまうほど。理科が好き、教えるのが好きってのが溢れまくってる。

もちろんyunも大好き。4年は全て終えて今は5年の途中だけど、この応用はテキストをダウンロードして書き込みながら講座を受けるようにしている。こちらも1,25倍で少し速めで聴くことが多いかな。

そして英語は洋書と動画。

テキストとかってのは全くもってやる時間がないのでとりあえず娯楽として継続することを心がけている。

進み具合は遅いけど今読んでるのは↓このシリーズ。



面白いんだろうか。また聞いてみよう。





必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ








   








掘り出し物??物理家♪

2017.10.12(11:40)
これはお勉強ではなく娯楽として。

母としては種まきにもなっていいかなぁと思う部分もあるんだけど、そこはまぁいいとして。

NHK高校講座の物理基礎

物理(ものり)家の寸劇?コント?が面白いし、身近な?に応えてくれるので、勉強というよりバラエティ番組を見ている感覚で、yunのお楽しみのひとつになっている。

斉藤由貴さんがまたとぼけてて可愛いのよね。

歴史のドキリを飽きるほど見たので何か他に面白そうなのは・・・と思っていたら見つけちゃったのよね。

思ったより難しくない。見入ってしまう。

これまた今年度分は2学期の途中までしかないんだけど、2016年度ライブラリーでみると同じ内容だったので最後まで見れる。

女の子なので得意にならなくても、知ってるがいっぱいあったらこの先物理が楽しめるかなぁなんてね。

あと滝沢カレンさんが出演しているベーシック国語も面白そうなのよね。でもカレンちゃんが面白すぎて変な日本語が移ってしまいそうな気も。時間がないのでyunはまだ見れてない。

もうすぐ運動会なのでその練習で毎日お疲れだし、って言っても帰ってきてすぐ遊びにいくのよね。

それはそれでyunにとって大事な世界だから大切にしてあげたいし、上手くやりくりするしかないな。

さぁ今日も楽しもう





必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ








   





意味あるのか?

2017.10.11(11:22)
この連休はテニスや区民運動会やお出かけであっという間に終わってしまった。疲れたけどご近所さんたちと打ち上げまでわいわい楽しめるのも幸せだなぁと感謝。素敵なご近所さんに囲まれてほんと恵まれていると思う。

そんな訳でほとんど取り組みは出来ずの3連休だったけど。

前から気になりつつも続けているかけ流し。

家勉中の英語かけ流しって・・・

意味あるのかな?逆に勉強の邪魔になってる可能性はあるよね。と思いつつ、かけちゃってる時がある。

かけ流しの時間がなさすぎて、ええぃ!再生してしまえ~とやってしまってる母。

いやね、一応は学校の漢字の宿題とか単純な作業の時とかね。今なら邪魔にならないだろうって時を選ぶようにはしてる。

どっちも100%集中できない。っていうのがいいのか悪いのか。でもちゃんと漢字は仕上がるし学校の漢字テストも問題ない。それでいてかけ流しの内容にもクスっと笑ったりツッコミをいれたりしている。

なーーーんにも英語を聴けずに一日が終わるより今日も一応聞いたよねっていう母の自己満足なのかもしれない。

レゴしたり工作したりしているときはもちろんかけるけどね

昨日かけ流していたのは↓



寝る前はこの辺をよく聴いているかな↓

Little Fox

Storyline Online.

どちらも音だけ落としてあるのでどこでも気軽に流せるので便利。

時間がなくてもなんとか出来る?かけ流し。家勉中のかけ流しはどれだけ効果あるのか。家勉を邪魔してるのか?でもかけ流ししてなくても歌いながらやってたりするし・・・まぁいいか。





必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ










第2黄金期?!

2017.10.04(10:34)
4年生も半分を終え、後期に入った。

最近思うのはyunの理解力が上がってきていること。いや歳をとったら上がるのは当然なんんだけど。

でも必ず一定のペースで、みんな同じように上がっていくわけではない。折れ線グラフで表したら幼い頃に長い横ばいの時期が続く子もいれば高学年でやってくる子もいる。要はグンと伸びる時期はそれぞれ違うし、いつやってくるかわからないってことね。

どちらかというと教育熱心な母(良いか悪いかはおいておくとして)は小さい頃から色んな働きかけをしてきたわけなんだけど。やっぱりyunのキャパを越えるものはなかなか入っていかないのよね。当然。

で、お友達ママから教わったのは、もしある程度やっても理解できないのならそれは今やることじゃないから時機を待つべき、ってことだった。それは周りの子たちと比べるんじゃなく、わが子をしっかりみて見極めないと時間が無駄だし勉強が嫌いになってしまうし親も疲れるって。

これくらいのレベルは出来ないと!!ではなく、今わが子が吸収しやすいレベルや内容、やり方でやるのが結果一番上手くのよね。

去年30分かけても定着しなかったあの問題が!今なら難なく5分で終わる。ってことあるもんね。

9歳になったからというよりは、yunのキャパが広がったからなんだろうなぁと思うことが増えてきた。ちょっと説明したときにあぁそういうことねってスッと入っていく。

家勉も最近飲み込みが早くなってきたような。

実体験がある一定のレベルまで溜まって、色んな説明に合点がいくようになったのかも。

今だ!!

きっとこれはyunの第2?第3?黄金期!(なんとも前向き)

今のyunに合ったものをしっかり準備してどんどん吸収していってもらおう。

実はそろばんもね、ひとつ段階が上がった気がするのよね。毎日パチパチやってるご家庭ならわかると思うんだけど。そろばんってコツコツやっててもなんだかもうこれ以上、上がる気がしないなぁって思うときがあるのよね。頭も手もこれ以上速く動きそうにないって・・・。でもそれでも続けてると(ダラダラはダメ、集中してタイム計って常に上を目指して)、ある時ふと思う。あれ、速くなってる?3分で20問(小数点入りだからややこしい)なんてって思っていたのが、気が付いたら22問いけるようになって、25問いけるようになって。ここから何問正解しているかが大事なんだけど。

16問いけるかどうかだった頃にもがいていたのが懐かしい。

3段はとっておきたいなぁと思っていたのが、今や割り算は5段の点数を出せているし掛け算も準4段まできた。見取りがまだ2段を越えれないんだけどそれも3段出せる時もあれば準4段の問題数をこなせる時も出てきた(この場合全問正解しないといけない)。

yunは前進している。しまだまだ伸びる。

まだ4年生だもんね。5年6年と頑張り続けるならだけど3段が限界なんて親の私が決めるのはよくないなぁと反省。

今後どれだけ時間をかけれるかは問題だけど。

ってなことで!黄金期到来のyun、モリモリ家勉やってもらおう

最近は理科が算数を抜いてダントツの得意科目に。模試レベルでも満点を狙えるところにいるような。算数は決まって数問ミスをする。国語は・・・まぁこれからだな。

実はこの国語も光が見えてきたのだ。やるしかないもんね。

それはまた後程。





必見!英語育児の情報満載ぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ









| ホームへ | 次ページ
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言

親子英語ブログ