どんぐり

  1. どんぐりは訓練。。。家庭訪問。(04/20)
  2. 高速、反復、大量は絶対ダメ!!!トホホ(07/13)
  3. 七田プリントABCを終えてどんぐりに☆(04/11)


どんぐりは訓練。。。家庭訪問。

2013.04.20(10:24)
細々~とたまにやっているどんぐり問題。

パッと読んでパッと絵を描いてランラランラ♪ラ~ン♫、とはいかない

でも我が家でのどんぐりの位置づけはあくまでの聞いたことを想像する!頭に描く!為の訓練なので、答えを導けなくても気にしない。全く別の方向にいっても気にしない、ことにしている。

言葉→想像する→絵に描く、極端に言えば算数じゃなくてもいいのだ。

算数にするから見ててイライラするのであって(私の場合)、ただ絵を描くだけなら好きにして~という感じ。どんぐりのあの問題をこなすことにとらわれるとマイナス。あくまでもお絵かきタイム、楽しい時間として定着させていきたい。

この訓練?がどこで役にたつのかは全くわからないけど。

ちなみにyunが喜びそうなネタを選ぶようにもしている。それだけでも食付きが違うしね。

ペースは・・・思いったったらその時に!まぁ週一かもっと忘れてる時もあるかなぁ。要は私次第なんだけどなかなかね。

これでも意味があるんだろうか

話は変わって、昨日は幼稚園の家庭訪問。

畑遊びをしているところへ先生。yunちゃんは園でも虫とか平気で意外でした~と。はい、園で借りてくる図鑑も魚、虫、鳥ばかり。可愛い絵本とかもあるのにそういうのは持って帰ってこないのよね。

この先生、私が是非担任になって欲しいなぁと思っていた先生。家庭訪問では正装されててイメージが違ったけどいつもはものすごーく元気に子どもと一緒に遊んでくれる先生でyunも大好き。

年少、年中、年長と先生とお友達だけには恵まれた!!

最後の1年うんと楽しんで欲しいなぁ。遠足やお泊り保育、運動会やフェスタ、全て年長さんの為のものと言っても良いくらい全てが濃くなるので楽しみ!

転園せずこの園で卒園すると決めたんだもんね。

そして先生、yunちゃんは本当によくお話してくれて・・・(日本語でもお喋りさん)、困った時も困った顔になるので解りやすくその理由も聞いたらしっかり答えてくれるので助かりますと。

先生がyunの困った顔を真似してくれて吹き出しそうになった。






マイホームが完成しました
よかったら覗いてください。







覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載!
3つクリックして下さると嬉しいですぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

高速、反復、大量は絶対ダメ!!!トホホ

2012.07.13(11:22)
どんぐり!にも手を出している我が家。その考え方は決して嫌いではないが、良く言うと極めている!が悪く言うと偏りすぎている?

いや正直どんぐりの方針で育てることが出来たらそれはそれで素敵だろうなぁと思う。でもどんぐり以外は全部悪?とされちゃうとかなり難しい。

子供っていうか人間っていうのは、こういう育て方をしたら、こういう教え方をしたら、必ずこうなるなんてのはひとつもなく、色んな可能性がいっぱい詰まってる。

どんぐりで育てたらみんな同じような結果を出すかと言えばそうじゃないし、どんぐりをしなくてもどんぐりが目指すような成果を出す子もいる。

どんぐりを否定してるんじゃなくどんぐりを我が家の環境下で最大限活かすには?!というのが今の課題だ。

どんぐりをやるなら聞いてみるといいかも

↑これでいくと今やってるそろばんや七田なんかは悪そのもので、小学校から始まる宿題なんかもさせないで欲しいってことでそれをするとどんぐりの成果は全部相殺されて消えてしまうと。。。

確かに小学校の宿題って無駄?とも思えるものが多い。これ本当に必要?これが子供を伸ばそうと思った時本当にやらせたいこと?って疑問に思うものもたくさんある。そういうのは正直やる必要はないとも思う。

だけど!だけど!それを拒否すると勉強という面ではなく違う面で欠落してしまう恐れがあるということも考えられる。先生が出したものを平気で拒否しちゃうってことを教えることになるっていうか。いやそんな内容の宿題なら拒否しても良いんだけど、出来ることなら私は先生をバカにしたり見下したりするような子供にはなってほしくない。

理想は先生がもっと勉強してもっと意味のある宿題を出してくれることだ。けれど意味のある宿題となると個人差が出てくるのも現実。なので3段階くらい宿題を出して自分がチャレンジすべき宿題を選べるとかね。

とにかく学校がその辺の塾より面白い!って教え方をしてくれるようになるのが理想かな。勉強だけじゃなく遊びもね。

それは学校側の役目だけれど、親は親で子供が先生を慕うよう、学校を楽しいと思えるよう、リードするのも大切だと思う。これだから公立の教師は・・・なんて親が言ってたら子供はすっかり見下し舐めてかかるしそれは子供の毎日を退屈なものにしてしまうと思うから。

高速、反復、大量、これって日本の教育では絶対出てくる?すぐ理解できたり覚えれたりするトップクラスの子以外は残念だけどこれらを繰り返し頑張っているのが現状なんじゃないだろうか。

今どんぐりについてじっくり考えてみて我が家で出来ることは、高速、反復、大量学習をしたら必ずその5倍は遊ばせるということぐらいかな。

30分したら150分遊ぶ!60分なら300分!幼稚園の遊びはダメ?家に帰ってきてから遊ぶ時間って考えてみると隙間時間を除いて2時間ほどかな。。。しかも外遊びが何より良さそうな感じだしかなり無理がある。そうなるとそろばん、七田は30分以内にしないとってことか。

厳しい~

かと言って5時間も自由に遊ぶ時間はないしねぇ。
幼稚園で目一杯遊んできておくれ~!

かけ流しとかってのもスリ込みとして反復、大量に当てはまるのかも。そう思うと英語育児にも影響が。ちょっと頭がパンクしそうなのでこの辺にしておこう。






マイホーム計画が動きはじめました
よかったら覗いてください。







覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載!
3つクリックして下さると嬉しいですぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

人気ブログランキングへ







七田プリントABCを終えてどんぐりに☆

2012.04.11(16:24)
ちょうど?年中になるところ(キリの良いところ)で七田プリントA~Cを終えた。七田プリントにはそれなりの効果を感じているのでプリントDやその他の小学生プリントなんかも気になっているんだけど、ここまでがとっても早く進んだので、復習期間を設けもう一度サラッと通してみようかと思っている。(重複する問題は飛ばすのですぐ終わる?)

とは言えやったことのある問題なのでそれだけってのもなぁと、前から準備してあったどんぐり倶楽部に入ってみようかと思っている。

年長さん向けのものからしかないのでとりあえずそれを。

こちらは七田と違って早めでも大丈夫~って感じの内容ではないんだけどね(個人的感想)。

どんぐり倶楽部についてはご存知の方も多いだろうけど、決して我が家はどっぷりどんぐりっ子になる予定はなく、あくまでも我が家に出来る範囲、出来る方法で、ということになりそうだ。

どんぐりの良いなぁと思う点は、文章を読み解く力をつけられそうなところ。つけられるかどうかは実際やってみないとわからない

ただ母の直感で、読んだ文章を即座に映像にできる(=頭に描ける)というのは数学だけでなく、今後あらゆる面でyunを助ける大きなスキルになると思ったから。

最近の子供たちは読解力が低下していると言われているけれど、画像や動画がこれだけ溢れている今、文字だけしかなかった頃と同じ環境に!というのは我が家では正直難しい。それに画像や動画のコンテンツから得るものもたくさんあると思うしね。

じゃぁどうやって文章を読んで即座にそれを頭に描けるスキルを養うかとなると、日々そういう機会をつくるしかないというのが今のところ我が家で考えられる結論だ。

ということで!今はとりあえず算数の部分は置いておいて、書いてある文章を絵にする!というのを進めていきたい。

これまでに10問ほどしてみたが、なかなか想像力豊かな絵を描いてくれて、見ているだけでも笑える(が笑うと怒るので我慢)

ペースはもともとどんぐりが推奨しているのがゆっくりなので、たっぷり時間をとってたまーにするくらい。

どんぐりと七田は全く正反対とも言える理念を掲げている?ので併行してやるなんてダメダメなのかもしれないけど、まぁそれは各家庭の自己責任と言うことで問題なし

この段階だと別にどんぐりじゃなくても良いのかも。簡単な童謡を絵にしてみたり、ママの作り話を絵にしてみたりでも十分力にはなりそう。

算数を意識しだしたらどんぐりの文章問題は量が沢山あるので利用できるのは大変有難い。さて算数嫌いにならないよう、密かに読解力をつける訓練を継続していきたい。





マイホーム計画が動きはじめました
よかったら覗いてください。







覗いてね!yunのDVD・絵本棚




必見!英語育児の情報満載!
3つクリックして下さると嬉しいですぷくハート
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

人気ブログランキングへ






| ホームへ |
大きくなあれ☆

プロフィール

Carriexxx

Author:Carriexxx
35歳で女児を出産!やりたいことはいっぱいあるけどこれだけは押さえておくかと英語育児を楽しんでる真最中

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード

QR

最新コメント
☆☆☆



presented by 地球の名言

親子英語ブログ